NIHON NOIE PROJECT by SOU-SOU

NIHON NOIE PROJECT by SOU-SOU

あたらしくて、なつかしい日本の家。
Dolive × SOU-SOU × 社外取締役
MAGAZINE記事配信中
MAGAZINE記事配信中
あたらしくて、なつかしい日本の家。
Dolive × SOU-SOU × 社外取締役

CONCEPT

〝和〟の空間は、 気持ちを素直にしてくれる。 新しさにワクワク。 でもどこかなつかしい。 そんな和のデザインで、 自分たちらしい暮らしを コーディネートしてみませんか。

DETAIL

延床面積 100.19㎡(30.30坪)
1F床面積 59.62㎡(18.03坪)
2F床面積 40.57㎡(12.27坪)

※表記されている床面積は建築基準法上の
床面積とは異なります。建築基準法上の
床面積は別途取扱店へご確認ください。

PRODUCT

クリエイターの コラボレーションが生んだ これまでにない 和 の暮らし。

“和”の魅力を自由に解釈した
新しい“和”の家。

昔ながらの懐かしい“和”のデザインに「SOU•SOU」のポップさがコラボレーションした、現代のライフスタイルに合う“和”の家。「SOU•SOU」のテキスタイルを用いた暖簾をくぐり、通り庭の石畳のアプローチに立つ。梁が見える屋根を見上げれば、そこには空を仰げる天窓が。室外を室内のように感じさせる通り庭から土間、玄関に入り、右手には“離れ”をイメージした和室。和室奥の床の間と縁側で、昔ながらの和を感じながらも「SOU•SOU」の壁紙がポップな“和”の空間を演出します。

和室は客間にもリラックススペースにもなり、いつでも和める空間に。リビングのソファの張地や水回りの壁にも「SOU•SOU」のテキスタイルを採用。四季の移ろいを感じ、“和”に囲まれる家で暮らす日々で、住む人の所作も“和”になっていく。家族一人ひとりのライフステージに合わせて家自体を育てていける工夫も、この家にはあります。

”和”の魅力を 活かした間取り。

和の魅力を活かした間取り。

縁側と和室に面した、玄関へつながるアプローチ。大きな梁を見せる天井は、軒先を低く抑えることで品の良い空間に。食堂は通り土間とし、伝統的な和を意識している。

1F 1F

1|通り庭 1|通り庭

縁側と和室に面した、玄関へつながるアプローチ。大きな梁を見せる天井は、軒先を低く抑えることで品の良い空間に。食堂は通り土間とし、伝統的な和を意識している。

2|居間と和室

玄関を介して配置された居間と和室。造作のソファは階段へつながるデザイン。居間と食堂の段差はダイニングチェアとなり、機能性と動線を兼ねている。

2F 2F

2階は仕切りを設けず、住む人の生活に合わせた拡張性のある大空間に。天井の勾配に合わせて1階と接続することで、空間に奥行きを生んでいる。

COLLABORATION

Dolive × SOU-SOU × 社外取締役

SHOP LIST

相談窓口はこちら